リッチパパ - 目指せ小金持ち

小金持ちになることを目指している普通のサラリーマンパパが、株式投資、節約、アフィリエイト、ライフハックなどの話題を発信するブログです。

建ぺい率と容積率のお話 建築面積・延べ床面積・建坪も

   

スポンサーリンク

いろいろある土地条件


土地の物件情報を調べていると、「建ぺい率」や「容積率」といった見慣れない言葉が記載されています。

これらの言葉の意味を十分に理解しておかないと、思っていた家を建てられないことにもなりかねませんので、しっかりチェックしておく必要があります。

まずは予備知識

建築面積とは

建築面積とは「建物を真上から見たときの水平投影面積のこと」です。

大ざっぱに言うと、1階の部分の面積が建築面積というイメージなのですが、ベランダや屋根などの出っ張った部分があればそれも含めることになります。

延べ床面積とは

延べ床面積とは「建物の各階の床面積を合計した面積のこと」です。

家を建てるとき、建築費用の概算で「坪単価いくら」といった表現がよくされますが、「延べ床面積×坪単価」が、大ざっぱな建物本体価格ということになります。

建坪とは

建坪とは俗語で、建築基準法上の用語ではありません

そのため定義があいまいで、使う人によって意味が違うこともありますので注意が必要です。

多くの場合は建築面積の意味で使われるようですが、延べ床面積のことを言っているケースもあるようです。

建ぺい率と容積率

建ぺい率とは

建ぺい率とは「土地面積に対する建築面積の割合のこと」です。

物件情報にはその土地の建ぺい率の上限が記載されています。

たとえば、200㎡の土地の建ぺい率が50%だった場合、建築面積が100㎡までの家しか建てられないことになります。

平屋を建てたい人は特によく見ておかないといけない条件ですね。

容積率とは

容積率とは「土地面積に対する延べ床面積の割合のこと」です。

物件情報にはその土地の容積率の上限が記載されています。

3階建てなどを建てようと考えている人が注意したい条件です。

にほんブログ村ランキング参加中!

ブログランキングに参加しています。
みなさまの応援クリックが励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
スポンサーリンク

 - 住まい・インテリア・注文住宅